まつえレディースハーフマラソンでピンクリボン 運動

「レディースマラソンでピンクリボン運動」は、幅広い世代の方が参加する松江定番の大きなスポーツ大会において、私たちの作ったピンクのリボンをきっかけとして、 乳がんについて興味を持ってもらいたいという願いが込められています。

乳がんで命を失う方が、 一人でも減りますように。

大切な人が乳がんで悲しむことがありませんように。

乳がん検診が当たり前の世の中になりますように。

一つ一つ、手作りのピンクリボン。

作り手の願いが届きますよう、私たちの活動にご協力をお願いします。


現在乳がんに罹る人は増え続けており、11人に1人が乳がんに罹るといわれています。

先進国と比較して、日本の乳がん検診受診率は低く30%程度です。さらに、島根県に関し

ては25%程度に留まっています。乳がんは、早期発見、早期治療の効果が高い病気であり

乳がん検診は重要な意味を持つ検査です。

島根県と全国の乳がん検診の未受診者が、ピンクリボンをきっかけに受診が出来るように

あなたの力をかしてください。

松江レディースマラソン参加者の皆様に、ピンクリボンを着けて走っていただくことで見ている方に興味を持ってもらい、受診率の向上に繋がればと考えておりますので、ご協力の程よろしくお願いします。